経営の骨子 (マネジメントフレーム)で旅の道筋をつくる【 第一章 ③ 】

どんなビジョンを現実にするにも、経営の骨子(マネジメントフレーム)を理解することが欠かせません。
マネジメントフレームが構築できると、これを知らない経営者と圧倒的な差が生まれるだけでなく、
資源の無駄も省くことができ、さらには組織的な課題も見える化できるので、しっかり押さえていただきたいと思います。
経営の骨子は、次の図のような体系になっています。

*クリニック起業術P52 より抜粋

歯科医院の経営もどんな経営であっても”やりたいこと”が源泉であることに変わりありません。ビジョンの実現に向けて、準備の時点から開業後もワクワクし続けることができる仕込みを入念にしていきましょう。

関連記事

TOP
お問い合わせ メッセージ セミナー